yoshikawak'z weblog

気になったIT関係の記事をメモって行くブログ

VMware 上に CentOS7 を入れようとして苦戦しまくった話

普段は Windows しか使わない人なので、こういうちょっとしたことで躓きます。

事象は、ESXi Sever上に構築した CentOS がネットワークにつながらない。さらに言うならば NIC すら認識していない(できない)。

orz.makegumi.jp

上記のサイトに以下の記述があります。

VMware仮想マシンでは今のところ3種類のNIC(Network Interface Card)のエミュレートができる。

vlance 俗に言うAMD PCnet32 10Mbps 遅い e1000 俗に言うIntel PRO1000 1000Mbps 速い vmxnet VMware独自のNIC 1000Mbps相当 速い

で、どうやら標準だと vmxnet が設定されるようですが、これが CentOS 側から見れない模様。 なので e1000 に設定変更すれば良い。

mikaduki.info

このサイトに記載のある通り、VMXファイルの ethernet0.virtualDev を書き換える。おそらく、ethernet0.virtualDev = “vmxnet"となっているはずなので、e1000 とする。

ethernet0.virtualDev = “e1000”

私の場合は、他者が管理してくれている環境に間借りしているので、VMware vSphere Client のデータストアブラウザでvmxファイルをダウンロード→編集してアップロードしました。

NIC が認識したら、普通にネットワーク設定を行う。設定方法も昔とは変わっているんですね。下記のサイトを参考に実施しました。

server.etutsplus.com

これで Linux の検証環境が使えるようになりました。ちなみに Windows 側の SSH クライアントは「Rrogin」を使ってみました。

rlogin/telnet/ssh(クライアント)ターミナルソフト

teratermPutty でもいいのですが、できるだけ色々なものを使いたいですからね。

まんがでわかるLinux シス管系女子(日経BP Next ICT選書)

まんがでわかるLinux シス管系女子(日経BP Next ICT選書)